ほんのちょっとで大きな差⁉︎

今日は
海外旅行で一番問題になる
「チップ」について書きますね。
みなさん、
このような支払伝票、
見たことありますか?
レストランなどで
食事をした時に渡されるものです。 
Tip、Totalといった欄は
あるのですが、

金額は空欄になっていますね。

 (xの欄は、サインです) 
さて、これを無事にクリアするには
 一体どうすればいいでしょうか?
うっすら推測できるかも
しれませんが、 

「自分で金額を書き込む」

のです。
ということは、

適切なTipを弾き出し、 

Totalを算出しなくては

ならないのです。

適切なチップの相場は、

食事代金の

15%~20%と言われています。

サービスが普通ならば15%。
 サービスが良かったら20%。
ぐらいが、いい感じです。 
上の伝票なら、 
食事代金が、$102.61なので、 
ざっくりですが、 
サービスが普通だったら$15.00 
サービスが良かったら$20.00 ですね。 
そして、
Totalは、$102.61+$15.00で、
$117.61  
または、 $102.61+$20.00で、$122.61 になります。 
ちなみに

「Tipを払いたくないほど

サービスが悪かった」

という時が、
もしかしたらあるかもしれません。
そんなときはTipを払わなくても
構いません。 
Tipの欄に横線(ー)を引いて、
Total欄に食事代金のみを
書いてください。
あと、さらにヒドイというか
手の込んだ伝票だと、
食事代金の下に、 

サービス料金10%乗せて

請求されているのに、

Tipの欄がある伝票を出してくる

レストランがあります。 
この時も、Tipの欄は
横線(ー)を引いて、
Total欄に食事代金のみを
書いてください。
ここは、支払伝票をよく見ましょう。
日本ではあまり好まれませんが、
ほかの文化圏では、 

支払伝票を

しっかりチェックすること

が当たり前です。

請求間違いが

頻繁にあるからです。

Tipは、食事代金を
しっかり確かめてから、
落ち着いて書き込んでください。

5分や10分かかっても平気ですから。 

あと、Tipの効かせ方
というものもあります。 
ここ一番、 眺めのいい席や、
おいしいものが食べたい
という時は、

$10程度のTipを先渡しする

という手です。 
この渡し方は、
小さく折りたたんだ$10程度の金額の紙幣を右手に持って、 
席に案内してくれた人に
握手を求めるようにして、 
Tipを握らせます。
「Nice to meet you」といいながら、 
笑顔で渡せると、なお効果的です。 
Tipという
難しく考えてしまいますが、
僕はTipを

「お賽銭のようなもの」

と考えています。
神様にお願いを叶えてもらうのには、お金を払いますよね。
翻って、

人間にお願いして

その願いを叶えてもらう

(良いサービスをしてもらう)

には、

もう少しお金がかかる、 

といったところだ思うのです。 

ガジェットパイレーツ(Gadget-Pirates)

「SIMフリースマートフォン」「ワイヤレスイヤフォンなどのモバイルガジェット」を紹介するページです。 気に入ったアイテムは Amazon.co.jpを通じて即購入できます。

0コメント

  • 1000 / 1000