防水スマートフォンが水に弱い⁉︎ ガジェットパイレーツコラム

おはようございます。
ガジェットパイレーツの久保田です。
今日は三連休最後の日。
暑い一日になりそうですので、
こまめな水分補給を心がけ、
体調管理に
十分に気をつけてください。
さて、気を付けるといえば、

夏に気をつけたい

水辺での

スマートフォンの使用

についてです。
最近は、
防水性能が表示された
スマートフォンが増えてきましたが、
実はこの防水性能について、
気をつけなければいけないこと
があります。
まず防水性能表示の基準について
みてみましょう。
このように防水性能は

あくまでも真水(水道水)での試験です。

ここに水道水の基準が示してないの
ですが、
「人が飲める範囲」
という感じで捉えておけばよいかと
思います。
考えてみると、

人が飲める程度の水

というのが、

身の回りに

意外と少ないのです。

スマートフォンに関係する水辺
というのは、
こんなものが考えられます。
なんと、ここに挙げたものは

防水性能基準の範囲外

これが

防水スマートフォンが

水に弱い

といわれる理由です。
真水か真水じゃないか、
いうことをいちいち考えながら
スマートフォンを使っていると
せっかくの防水性能も台無し。
明らかに
大量の水がスマートフォンにかかる
という状況が考えられるなら、

たとえ

防水スマホであっても

必ず防水ケースを使用する

ようにしましょう。
また、先日、

入浴中にスマートフォン充電していて感電死

というニュースがありました。
これは大変危険な行為ですし、

世界でも数件の死亡例

がありますので
絶対にやらないようにしましょう。

スマートフォンは

あくまでも機械です。

防水性能は
その機械を最大限守るために
考え抜かれた

最低限の基準

ですので、

個々の使用状況を

考慮したものでは

ありません。

過信せず使用しましょう。

ガジェットパイレーツ(Gadget-Pirates)

「SIMフリースマートフォン」「ワイヤレスイヤフォンなどのモバイルガジェット」を紹介するページです。 気に入ったアイテムは Amazon.co.jpを通じて即購入できます。

0コメント

  • 1000 / 1000