距離感覚の違い

日本では

1分=80m 

というのが、

時間距離の基準

になっています。
これは、
不動産物件の表記が
元になっているのです。
その物件が駅から3分と
書いてあると、
だいたい240m 前後というふうに
計算できるのです。
この1分=80mが、
時間距離の基準となって
お店や会社の所在が書かれています。
ところが海外に行くと、

1分あたりの距離が

全くといっていいほど

当てにならないのです。

基準がはっきりしていないんですね。
しかも、ヨーロッパなどでは、

身体の大きい人が

基準になりますので、

その歩幅の違いから

1分あたりの距離も伸びる傾向

にあります。
ですので、
ガイドブックや
お店のインフォメーションに
徒歩◯分と書いてあっても、

日本の基準を当てはめてない

ようにしましょう。

徒歩10分と書いてあったら、

日本人なら15分ぐらい

かかるのかも?

と考えるのが妥当です。
そんなことを頭に入れつつ、
時間にはゆとりをもって
行動しましょう。

ガジェットパイレーツ(Gadget-Pirates)

「SIMフリースマートフォン」「ワイヤレスイヤフォンなどのモバイルガジェット」を紹介するページです。 気に入ったアイテムは Amazon.co.jpを通じて即購入できます。

0コメント

  • 1000 / 1000